「マリアンヌ」から考える吊り橋効果と夫婦円満の秘訣



「マリアンヌ」では、ドイツ大使の暗殺というミッションをマックスとマリアンヌが協力してやり遂げたことにより、2人は恋に落ちて結婚することになります。
これは名作アクション映画の「スピード」でも主演のキアヌ・リーブス扮するSWAT隊員のジャックと、サンドラ・ブロック扮するバスの乗客アニーとが劇的な展開で恋に落ちるラストでも語られています。
(「スピード2」ではこの展開がけちょんけちょんに言われてるんですけどね・・・(;・∀・))

このような危機的状況や困難な課題を克服した男女がなぜ恋に落ちるのか、ということを示した実験としては、Dutton & Aron(1974)の俗に言う吊り橋効果の実験が有名です。

彼らは、男性の被験者を対象に、グラグラ揺れる吊り橋を渡ってもらうように指示しました。その途中で女性にアンケートの協力を依頼されます。実際には、TAT図版と呼ばれる図を用いてそこから物語を作ってもらうという投影法を用いた心理状態の調査でしたが、その結果を知りたかったらあとで電話をください、と伝えます。
その後に電話をかけてきたかどうかを調べたところ、同様の実験を吊り橋以外の場所で行ったときよりも明らかに多くの人が電話をかけてきたというものでした。

これはどういうことかと言うと、吊り橋という不安定な場所だと恐怖感や不安感が高まるため生理的な反応として心拍数が高まります。
この生理的反応は気になる女性に対してドキドキしているものと同様なので、ドキドキの原因が吊り橋が怖いのか、女性が魅力的なのかが区別できず、結果として女性を魅力的ととらえる傾向が高くなるそうです。

「マリアンヌ」では2人が協力して困難なミッションを成し遂げたこと、「スピード」でも2人が協力して事件を解決し命の危機から脱したことで情動の高まりが恋愛感情と推移していったのでしょう。
なんて説明しちゃうとロマンチックじゃないかもしれませんけどね・・・(;・∀・)

「マリアンヌ」では、やがて妻のマリアンヌが二重スパイの嫌疑をかけられてしまいます。もし本当に二重スパイならば、マックスは任務として妻を殺すことを余儀なくされてしまいます。
マリアンヌの潔白を証明するために、偽の情報を流して、それが敵国に漏洩するかというテストをすることになってしまいますが、この状況下では、マックスもマリアンヌも、相手にすべての秘密を話すことができなくなってしまいます。

伊藤・相良・池田(2007)では、夫婦間の自己開示の量と夫婦間の満足度を測定しています。
自己開示とは、自分の情報を相手にオープンにすることを言いますが、特に妻側において、夫が自己開示をする量と夫婦間の満足度に強い関係性が見られ、なんでも包み隠さず言ってもらいたいという気持ちが強いようですね。

まして本作では、状況が状況だけに言いたくても言えない、という関係になっているので、その思いは一層強かったのかもしれません。

妻がスパイと疑わていない平和なご家庭の皆さまはぜひ自己開示を積極的にしていきましょう。
その平和も実は見せかけかもしれませんからね・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

[引用]
Dutton, D. G. & Aron, A. P.(1974). Some evidence for heightened sexual attraction under conditions of high anxiety. Journal of personality and Social Psychology, 30, 510-517.

伊藤裕子・相良順子・池田政子(2007). 夫婦のコミュニケーションが関係満足度に及ぼす影響 ―自己開示を中心に―. 文京学院大学人間学部研究紀要, 9, 1-15.
スポンサーサイト

「虐殺器官」から考える言語獲得装置




注:本文に「虐殺器官」のネタバレが含まれています!



「虐殺器官」では、世界中の紛争の火種となっている人物がジョン・ポールという男で、元MITの言語学者という立場で、人が本能的に虐殺にいたる文法の存在に気がついてしまいます。

ジョン・ポールは、世界中でこの虐殺をもたらす言語プログラムをその土地の言語に翻訳し、それを流布することによって紛争を引き起こしていたのです。

そもそも人間の言語の理解はどのようになっているのかということですが、Chomsky(1957)は、人間が生まれながらにして言語の、特に母語の理解をするための機能を持っているということを主張しています。この機能は、言語獲得装置と呼ばれ、それが機能することで言語を理解することができると言われています。
言語理解には、文字を認識したり、誰かが話すのを聞いたり、文章を読んだりするという言語刺激が必要ですが、幼少期にあらゆる言語に触れることは現実的には不可能であるにも関わらず、比較的早い段階で基本的な文法や多くの表現、語彙を覚えるのは、やはり生得的な機能が占める部分も大きいとされています。

さらに、世界中のあらゆる言語で共通する基本ルールが存在することを提唱し、これは普遍文法と呼ばれています。
つまり言語は違えど、その文法レベルにおける法則性においてはある種の共通項があるということで、もしそこに人の行動や潜在意識をコントロールできるようなプログラムが存在すれば・・・となると本作のような「虐殺器官」につながる何かがあるかもしれませんね。

酒井(2002)は、Chomsky(1957)の考えを脳科学的に解明しています。fMRIによって言語的な処理をしているときの脳の活性部位を解析した結果、ブローカ野と呼ばれる部位の活性化が見られ、言語の、特に文法に関連した処理をする際の中枢となっていることが明らかになっています。

Sakai, Noguchi, Takeuchi & Watanabe(2002)では、文法の処理や理解に関わるブローカ野を外部から磁気的な刺激を与えて活性化することで、文法についての処理や判断が促進されることを示しています。
単純に言葉を聞いただけで行動を操作するのは難しいでしょうが、将来的には脳に外的な刺激を与えることで、何らかのコントロールが可能となるのかもしれません。

伊藤計劃がこういった言語研究についてどれぐらい把握していたのかはわかりませんが、Chomskyも酒井もMITに在籍していたことがあるというのも単なる偶然ではないのかもしれませんね。


[引用]
Chomsky, M.(1957). Syntactic Structures. Mouton & Co.

酒井邦嘉(2002). 言語の脳科学―脳はどのようにことばを生みだすか. 中公新書.

Sakai, K. L., Noguchi, Y., Takeuchi, T. & Watanabe, E.(2002) Selective priming of syntactic processing by event-related transcranial magnetic stimulation of Broca's area. Neuron, 35, 1177-1182.

「一週間フレンズ。」から考える記憶障害



「一週間フレンズ。」ではヒロインが、友だちとの記憶が1週間でリセットされてしまい、次の週にはすっかり忘れているという、かなり特殊な記憶障害という設定になっています。

記憶障害は、その原因となった事象が発生した以前の記憶が失われている場合を逆向健忘、その事象以降の記憶が失われている場合は前向健忘と言われています。
また発症の原因によってその症状が一過性のものである場合や慢性的なものである場合に分かれます。

それでは部分的な記憶障害があるのかという話になるんですが、記憶の分類は、保持される期間で短期記憶長期記憶に分かれており、長期記憶はその内容によって宣言的記憶手続き的記憶に分類されています。
このあたりの詳細は以前の記事で書きましたので、詳しくはこちらをご参照ください。

健忘だけではなく認知症などによる記憶障害でも、宣言的記憶、特にその中の様々な出来事についての記憶であるエピソード記憶は失われやすい一方で、作業や操作方法などといった手続き的記憶は保持されやすいと言われてます。
本作の香織が、学校に通ったり、数学が得意だったりというところはありえる現象なんですね。

それでは、本作もそうですが、映画やドラマ、小説などに登場してくる特定の人物や対象だけ思い出せない記憶障害なんてあるの?と思いますよね?

特定の人物や物事などに関する情報のみが忘れられる健忘を、系統的健忘と言います。
実際の症例としても見られるもののその報告例は少なく、渡辺・秋元(1991)の結婚生活に満足できなかった女性が自分が17歳であると思い込み夫との生活や夫そのものの記憶が失われてしまった事例、坂西ら(1997)の姑との確執から家に放火し、その後、放火の事実や姑に対する記憶が失われてしまった症例などがあります。

症例自体は少ないですが、共通して言えるのは何らかの原因によって強度のストレスがかかっている状況下において起こっているということで、本作でも主人公が友人との関係のもつれからそうなってしまった、と強引に解釈できないでもないですね。

ただ、原因となった相手のみならともかくあらゆる友だちの記憶を保持できないだとか、なぜか1週間できっちりリセットされるというのは説明がつきませんので、やはりファンタジーのものと思っておきましょう。
そう、川口春奈みたいな子はそのへんにはそうそういませんしね・・・(;・∀・)

[引用文献]

坂西信彦・下地明友・宮川太平・平田耕一・藤田英介・三村孝一(1997). 放火を繰り返し系統的健忘を呈した1例. 精神医学, 39, 381-387.

渡辺登・秋元豊(1991). 系統的健忘を呈した1症例. 精神医学, 33, 833-839.

「幸せなひとりぼっち」から考える独居老人の心理学



「幸せなひとりぼっち」ではオーヴェが最愛の妻を亡くし、さらには仕事もクビになってしまったことで生きる意味を見いだせなくなり、妻の元へ行くために自殺を図るというのが物語の発端となっています。

本作の舞台はスウェーデンですが、日本も北欧諸国以上に高齢化社会となっており、独居老人の割合も多くなっているという現状で、老人の孤独感については大きな問題となっています。

桂・星野・渡部(1998)では、独居老人の孤独感を軽減する要因について調査しています。その結果、社会的ネットワークからの手段的支援が得られていることが1つの要因となっていました。
これはつまり周囲の他者から何らかの支援を受けることなどによりコミュニティやネットワークとのつながりが保持されていることが重要だということになります。
オーヴェも巻き込まれる形だったとはいえ、隣人のパルヴァネ一家や妻の元教え子、そして長年の親友というか犬猿の仲になっている知人などと関わりを持ったことが大きいかもしれませんね。

もう一つの要因は自尊心でした。自尊心を高く持っている、つまりは自分の生き方や存在意義に自信を持っていることで、孤独感をあまり感じなくなるということです。
オーヴェが妻を失ってからも地域の規律を守るためにパトロールをしたり、妻のような犠牲を出さないためにバス会社に改善要求をしたりしていたのは自尊心の現れだったのでしょうね。
これが会社をクビになったことでその矜持が失われてしまったのかもしれません。

一方、廣瀬・杉山・武内・馬場崎(2009)では、独居老人の生きがいについて面接調査を行ったところ、昔から持っていた趣味を生きがいと感じたり、一人で生活することに気楽さを見出したりする人が少ないことも示されています。

ただこのように現状をポジティブに捉えられるのも家族や地域の人々といった周囲のサポートが不可欠なわけで、そこに希望があるような環境があるということが何よりも大切ですね。

オーヴェも全てにおいて恵まれていたわけではなかったでしょうが、多くの人に見送られたことは1つの生きてきた証となったことでしょう。

廣瀬春次・杉山沙耶花・武内あや・馬場崎未絵(2009). 独居高齢者の生きがいに関する研究. 山口県立大学学術情報[看護栄養学部紀要], 2, 26-31.

桂敏樹・星野明子・渡部由美(1998). 独居老人の孤独感を軽減する要因. 日農医誌, 47, 11-15.

「本能寺ホテル」から考える本能寺の変はいかにして起こったか?



本編の方では、結局本能寺の変の謎についてたいして教えてくれなかったので、こちらで考えてみたいと思います。

歴史的には、秀吉が暗躍した、だとか、実は朝廷が裏で糸を引いていた、などの諸説もありますが、今回は、シンプルに謀反を企てた前提で、明智光秀がなぜそのような決断をしたのかに迫ってみたいと思います。

田中(2005)は、レイオフやダウンサイジングを行った企業で、特にその状況下で会社に残った社員(レイオフ・サバイバー)の心理状況についてまとめています。
そこでは、自分自身こそは解雇されたり左遷されたりすることがなかったとしても、いずれはそうなるのではないかという不安が増大し、会社や自分自身に対して非常にネガティブになるということが示されています。

信長は1580年に、織田家に長く仕えていた佐久間信盛、林通勝を追放しています。今でいうリストラです。
この事例からも信長は能力主義的なところがあると言われていますが、このことで明智光秀もいつかは自分が追放されてしまうと不安を抱いたのではないでしょうか。

また、本能寺の変が起こらんとしている直前に、明智光秀は先に四国平定のために出兵していた羽柴秀吉の援軍に行くよう要請されています。
秀吉は光秀よりも早く信長の家臣となってはいましたが、年齢は光秀の方が9歳上ですし、しかも秀吉が農民出身ということもあって、秀吉が信長に重用されることを快くは思っていなかったのではないでしょうか。

人が自分で自分の評価をするというのは難しく、多くの場合は他者との比較によって相対的な評価をしています。
Festinger(19540は、このことを社会的比較と呼び、特に自分よりも優れている他者との比較(上方比較)をしてしまうと、その能力や地位、立場の違いを実感してしまうこととなり、劣等感や嫉妬心が芽生えるものだと主張しています。

光秀は繊細でプライドが高い性格だったとも言われ、よりそのプライドを傷つけられたという印象が強かったのかもしれません。

リストラ不安、劣等感、嫉妬心が光秀を本能寺の変へと突き動かしたのかもしれないですね。

とまあこのあたりにつながるエピソードも「本能寺ホテル」でやってくれれば良かったんですけどね・・・(;・∀・)

[引用]
Festinger, L. (1954). A theory of social comparison processes. Human relations, 7, 117-140.

田中 堅一郎(2005). リストラは職場に何をもたらしたか: 心理学の視点からダウンサイジングを考える. 日本大学大学院総合社会情報研究科紀要, 6, 173-184.
プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる