FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソーセージ・パーティー」感想。

sausage party
(公式HPより引用)

[story]
とあるスーパーマーケット。ずらりと並んだ食材たちはいつか人間に買ってもらえることを夢見ていた。ソーセージのフランク(セス・ローゲン)も、恋人でパンのブレンダ(クリステン・ウィグ)と結ばれる運命だと信じている。ついに2人揃ってカートに入れられたのだが、アクシデントによって2人は店内に取り残されてしまう。しかし、そのことがきっかけで重大な真実に気がつくのだが・・・。

「スーパーバッド 童貞ウォーズ」「スモーキング・ハイ」のセス・ローゲン&エヴァン・ゴールドバーグのコンビが原案・脚本・製作を務めたアニメ映画。

主人公たちは擬人化された食品や日用品たちで、スーパーに陳列されながら買ってもらえることを夢見る毎日です。
このあたりのビジュアルや設定が、ピクサーの金字塔的作品でもある「トイ・ストーリー」に非常に似ているというのがまた確信犯ですよね。

主人公のソーセージ・フランクとその恋人でパンのブレンダはもう少しのところで買ってもらえるはずだったのに、はずみでカートから飛び出してしまい、店内に取り残されてしまいます。
しかし、やがて人に買われた食品たちの行く末を知ったフランクとブレンダは、スーパーの外の世界がパラダイスだと信じて疑わない他の仲間たちを説得し、必死の抵抗を試みようとするのが基本的な流れです。

とまあこれだけなら普通のアニメと思うかもしれませんね。

いや、ソーセージって・・・と頭のなかに良からぬものをイメージしたそこのあなた!
そのお下劣で卑猥な妄想を数100倍にしたのが本作だと思って間違いないです!
序盤から様々な大きさ、太さ、形のソーセージが出てきていますが、アレというかナニというか、そういったものと結びつけて考えてしまうのは人のサガだとは思いますが、これが中盤以降になると露骨になってきます!

特にスーパーの廃棄物処理係の男とのシーンといったらもう!

かくして食品たちと人間たちの戦いはどうなるのか?
そして、この戦いの末に、恐るべきラストシーンが待っていようとは、まだ誰も知る由もありませんでした。

史上最強のお下劣映画、ここに爆誕!
決して家族では見ないでください!(・∀・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。