「この世界の片隅に」感想。


(公式HPより引用)

[story]
1944年2月、18歳のすず(のん)に縁談が持ち上がり、呉へとやってくる。その頃、呉は軍港の街として栄え、戦艦大和も停留していた。海軍文官をしている周作(細谷佳正)の妻として見知らぬ土地での生活がスタートする。それでも夫の優しい両親や、厳しい義姉の径子(尾身美詞)、その娘の晴美(稲葉菜月)と一緒に慎ましくも楽しい日々を過ごしていた。しかし、1945年になると呉も空襲にさらされ、すずの周りでも戦争の惨禍が忍び寄ってくるようになり・・・。

戦時下の広島、呉を舞台に、戦時中ながらも楽しく心豊かな生活を送るすずの家族を描いたこうの史代の同名コミックのアニメ映画化。
監督は、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直。

2016年はアニメーション映画の隆盛が際立った年でもあります。
その先駆となったのは言うまでもなく「君の名は。」ですが、その大ヒットの影で・・・と書こうと思ったのですが、話題が話題を呼び今やこちらも立派なヒット作と言えるのが本作です。

ヒットした理由はいくつもあるので後で書いていきますが、やはりなんといっても作品そのものに魅力があるというのがその一番の要因でしょう。

本作の魅力はなんといっても、これまでにない戦時中の生活の描き方でしょう。
これまでは、戦時中は、「欲しがりません、勝つまでは。」とか「ぜいたくは敵だ!」とかのスローガンにも代表されるように、物資も不足し市井の人々はほそぼそと生活をし、さらには敵の空襲から避けるために昼でも部屋を真っ暗にして過ごしていたかのような描写が多い印象でした。

ところが本作は、たしかにつましい、ささやかな生活ではあるのですが、そこには暗く思い雰囲気はなく、その状況下でいかに楽しく過ごそうかという気持ちが現れています。
主人公のすずは絵を描くことが好きで、のんびり屋で、まあ言ってしまえばド天然なキャラクターなのですが、その彼女の立ち居振る舞いだけでも笑いを禁じえません。
いや、むしろ爆笑です。舞台設定こそ戦時中ですけど、ジャンルはドタバタコメディーです。

こういう視点から描かれていることで、当時の日常的な生活や雰囲気を垣間見ることができるとともに、このような日常を奪ってしまうものが戦争なんだということを改めて痛感させてくれます。
この戦争を描写するシーンもありますが、そこも非常に独特な描き方をしていますので、ぜひ本編を見て確認してほしいと思います。

やがて戦争が日本の敗戦と言うかたちで収束を迎えていくとき、おっとりしていたすずの怒りや慟哭が見られます。このすずの感情こそがまさに当時戦争に対して向けられた気持ちなんだと思います。

これまでにない視点で戦争を捉えていながらもメッセージ性も強いという奇跡を実現した作品になっています。
ただ全体として非常にほのぼのと楽しく見られる作品というのが正直な感想で、その要因となっているのは、すず役の声優のんの存在ですね。

「あまちゃん」で一気に国民的な女優になった能年玲奈でしたが、事務所絡みのトラブルのせいで本名なのに芸名として使用できなくなり、"のん"として再出発したものの露出が激減しているのが現状でした。
今、清水富美加の出家騒動で再び芸能事務所の問題も取り沙汰されていますが、本作ではそんな芸能界の裏事情的な部分を抜きに、しっかりと彼女の魅力が反映されていて、まさにすずそのものといった印象です。

そして本作はクラウドファンディングにより公開が実現し、その後は口コミやSNSにより評判が広まって現在も続くロングランとなっています。そしてそれによってマスコミもこの映画の、のんの存在を無視できなくなったというとても小気味よい展開となっています。

すずの声は小さな声だったかもしれないけれど、その声に賛同するものが多ければやがて大きな力をも動かすのです。
世間の盛り上がりとは裏腹に、すずは、「難しいことはわかりませんけど、世界の片隅でわたしを見つけてくれてありがとう。」と言っていそうですね。

クラウドファンディングで協賛した皆さまは一生の誇りになるでしょうね。それは無理でもまだ劇場で絶賛公開中なので、感動の共有にはまだまだ間に合いますよ!(^O^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる