「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」から考えるジェイコブの魅力



本作を見た人なら誰でもジェイコブの魅力に取り憑かれていることでしょう。
そりゃもちろんエディ・レッドメイン扮するニュートもいいんですよ。
イケメンの上にドジっ子属性も持っているなんて最強ですからね。
どうしてこれが最強となるのかについては、以前こちらの記事で書いていますので、興味がある方はぜひ御覧ください。

今回の主役はジェイコブです!

ジェイコブの本作における良いところとはなんでしょう?いくつかピックアップしてみましょう。

・ニュートのうっかりで巻き込まれたのに、怒らないどころか魔法動物集めに協力している。
・ココアを入れてもてなしてくれたクイニーに対してぞんざいな態度をとったニュートをたしなめる。
・ニュートに適当にヘルメットだけ渡されて危険な状況の説明もないのに怒らない。
・魔法動物たちの面倒をよく見る。
・最後に(自分だけ人間なので)魔法使いとのやりとりの記憶を消されなければならないときに、クイニーたちを困らせない。

ここにいくつかピックアップしてみましたが、これらが示しているのは、

ジェイコブは優しい!

ということですね。

・・・

それだけかよ!と突っ込まれそうなので、もう少し書くと、ジェイコブにとって関係ないことやどうでもいいことにも関わらず、不平不満を言うでもなく、それどころか積極的に手伝ってくれるんですね。
つまりは利他的な行動をとっているということなんですが、これがなんで魅力につながるのか?

Farrelly, Clemson & Guthrie(2016)では、202名の女性に、男性の写真とその男性がした行動を記述したものを見せました。男性の写真として、見た目の良いハンサムなものと、そうではないものの2種類あり、このときの行動の種類として、「川で溺れている子どもを助けた。」とか「ホームレスにサンドイッチと紅茶を買ってあげた。」といった利他的な行動をしたものと、そうではない利己的な行動をしたもののどちらかでした。
その後に魅力評価をさせたところ、重要視されたのは見た目の良さよりも行動が利他的かどうかの方でした。
でも、※ただしイケメンに限るなんでしょ?と思うでしょう?

確かに短期的な関係であればそうなのですが、長期的な関係、つまりは結婚したり人生の伴侶としてのパートナーを選んだりするという条件で最も評価されたのは、見た目がそれほど良くなく、かつ利他的な行動をしている人物のプロフィールでした。

このあたりには浮気しなさそうとか一途そうとかそういう含意が含まれているのはあるでしょうが、ともあれ、利他的な行動がまっとうに評価されることには変わりはないのです!

ジェイコブは、バーで会話をしているときには「自分みたいなやつはなかなかいないよ!」と言っていたのに、最後に記憶を消されて魔法使いたちと離れ離れになってしまうときに、悲しむクイニーに言うのです。
「いや、僕みたいなやつはどこにでもいるよ。」(だから悲しくなんかないんだよ)と。

ジェイコブ、惚れてまうやろ~!!!

こんなセリフが言えるのも、ジェイコブが自分の利益ではなく相手の、ここではクイニーのことを思っているからこそです。

そんなジェイコブの魅力を見逃してしまったあなた、4月にはDVDリリース予定なのでぜひそちらでご鑑賞ください。

サンキュー、ジェイコブ!フォーエバー、ジェイコブ!

[引用]
Farrelly, D., Clemson, P., & Guthrie, M.(2016). Are Women’s Mate Preferences for Altruism Also Influenced by Physical Attractiveness? Evolutionary Psychology, 14, 1-6.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる