FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」感想。


(公式HPより引用)

[story]
京都の美大に通う高寿(福士蒼汰)は、通学中の電車内で見かけた女性、愛美(小松菜奈)に一目惚れをする。勇気を出して声をかけ、「また会える?」と聞いたところ、彼女はなぜか涙を流す。それでも親友の上山(東出昌大)の後押しもありデートにこぎつけた高寿は、順調に愛美との距離を縮めていく。そんなある日、愛美は高寿にこう告げる。「わたし、あなたに隠していることがある・・・。」

七月隆文の同名小説の映画化。監督は「陽だまりの彼女」「青空エール」の三木孝浩。

パット見では、イケメンと美人の肩トンアゴクイ壁ドン系のよく量産型恋愛モノという印象がある本作で、たしかに全般的にはそのイメージを裏切らないです。
福士蒼汰扮する高寿が一目惚れしていきなり声かけたり、トントン拍子に付き合うことになったりするのも「どうせイケメンだからだろ!」と僻みまくること請け合いです。
一般男子なら勇気を振り絞って声をかけたところで邪険に扱われるか、無視されるかといったところが関の山でしょう。
まあ、私がやったら事案になりそうなので、やりませんけどね。

と、このように、ひがみやっかみが出てくる人はぜひ前の記事を御覧くださいね。

閑話休題、本作では、主人公の高寿がひじょーに奥手な青年として描かれていて、福士蒼汰は確かにイケメンなんだけどそのモテ空気を序盤はうまく封じ込めているのと、対する小松菜奈扮する愛美も優しく高寿を受け入れるという感じになっているので、見ていて非常に微笑ましいんですね。
ジェイコブとクイニーほどじゃないけどな!

とまあ、本作はこの2人のナイスカップルを東出昌大扮する親友の上山よろしくニヤニヤ見守る・・・というところだけには終わっていません。
これはstoryの最後にも書きましたし、トレイラーでも流れいてましたが、2人が付き合って何日かたったころに愛美が高寿にする独白によって物語が大きく違って見えるのです。

これは思いっきりネタバレになりますが、愛美の時間の流れは他の人とは逆行しているのです。そして愛美と高寿が会えるのが5年に1度の周期であるということも告げられます。

ちょっとわかりづらいかもしれないのですが、高寿が5歳のときは愛美が35歳です。このときに池で溺れた高寿を愛美が助けてくれたというエピソードがあります。
次に会えたのが高寿が10歳、愛美が30歳のときで、たこ焼きを食べたエピソードがあり、このときに愛美が高寿にキーとなる小箱を渡しています。
高寿が15歳、愛美が25歳のときのエピソードはなかったと思いますが、映画で描かれているのが2人とも20歳のときになります。

一気にファンタジーめいた設定ですが、とにかく2人が20歳で共有できる時間は30日間しかないということが分かります。
運命の人と信じて疑わなかった愛美とは決して結ばれないということが高寿には分かってしまうのです。
その後の高寿は、愛美はどうなるのかはぜひ本作をご覧になって確かめてほしいと思います。

本作はタイトルやトレイラー、キャッチコピーなどでこの時間軸の交絡をネタバレしてしまっているんですね。
にも関わらず、本作の魅力が何ら損なわれないというところがすごいと思いました。

また作品の時間の流れに沿って2人の装いが変わっていくのも注目です。
高寿は、愛美と出会った頃は残念なイケメンというかちょっともっさい雰囲気の格好だったのですが、愛美と付き合うことでどんどん洗練されていくのが分かります。対する愛美は高寿と出会ったときは真っ白なコートを着ているのですが、だんだん色の濃い服になっていきます。しかし愛美の時間軸は逆行しているので、だんだんに色彩のない服装になっていったことになり、これが時間の逆行のメタファーにもなっているのです。

と深読みしなくとも、2人が京都の街でデートする姿はその舞台もあいまって非常に映えます。観光地らしいところは伏見稲荷ぐらいですがそれ以外の町家カフェだとか京都の日常的な風景はそれだけでも見る価値ありといったところです。

最後に、本作がもっとも印象的だったのは、点にこだわった映画であるというところ。
「イニシエーション・ラブ」のオチなんかもそうですが、ある1点での衝撃を描きたいがために存在しているというか、そんな作りになっている気がしました。
「4分間のピアニスト」という映画でも映画の大半は天才的な才能がありながら問題の子どもとそれにピアノを教える教師との拷問に近いぐらいのやりとりが続くのですが、この作品でもまた極上の"4分間"を味わうことができました。

本作でも、全てを理解して、高寿と愛美の30日間を追いかけて初めて、高寿と愛美の出会いのシーンに気がつくのです(本編でももう一回流してくれるので見逃しても大丈夫です)。
全く同じシーンでもまるで別の見え方になってくるのが印象的でした。

このようによくある恋愛モノとは一線を画す作品として見応え十分でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。