FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドント・ブリーズ」感想。


(公式HPより引用)

[story]
デトロイト、親と決別し妹と二人でどこか別の町で新しい暮らしをしようと考えているロッキー(ジェーン・レヴィ)。その資金を得るために、彼女は恋人のマニー( ダニエル・ゾヴァット)と友人のアレックス(ディラン・ミネット)とともに空き巣を繰り返していた。ある日マニーが郊外に住む盲目の老人(スティーヴン・ラング)が、娘の死亡事故で得た賠償金を持っていることを聞きつけ、その家に空き巣に入ることを計画する。容易い仕事と思い、老人宅に侵入する3人だったが・・・。

リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督が再びサム・ライミ製作のもとで作り上げたサスペンス・スリラー。

冒頭、誰もいない町並みである男が女性の体を引きずっている。
彼女は生きているのか死んでいるのかすらわからない・・・。

こんな始まり方をする本作ですが、構成はいたってシンプルです。
3人の悪ガキが空き巣をするっていうだけです。

3人のうちアレックスは、親がセキュリティー会社ということもあってセキュリティーのシステムを知り尽くしており、それを巧みに利用しています。
盗む額を保険で十分に補える範囲に計算し、大事にしないようにと考えています。
家も特に貧困なわけではなく、空き巣が必要なわけではないのも彼の特徴です。

対してマニーは短絡的で粗暴なタイプ。
多少荒っぽいやり方でも構わない、アレックスのようにチマチマした姑息な考え方を嫌っています。

そしてマニーの恋人ロッキーは、家庭環境に恵まれておらず、自堕落な親の元で暮らしており、すぐにでも家を出ていきたいと考えています。
アレックスと違い、そのための資金を必要としているため空き巣をしなければならない状況に追い込まれています。

さらに、アレックスがロッキーに恋心を抱いているのもポイント。無計画なマニーが持ってきた話なので最初は参加する気がなかったアレックスですが、ロッキーのために加わることになります。

この3人の若者がターゲットに選んだのが盲目の老人の家。
この老人は一人で暮らしていて周囲の家も空き家となっているし、お金を溜め込んでいる噂もあるし、何より目が見えないので楽勝だろうと高をくくっているわけです。

しかし、いざ侵入してみると、一筋縄ではいかないことが分かります。
この老人は目が見えない代わりに聴覚が研ぎ澄まされており、ちょっとした物音でも聞きつけてしまうのです。
さらには、マニーが護身用にと銃を持ってきてしまったことで、3人は不法侵入者としてその場で撃たれたとしてもこの老人の罪にはならないのです。
そしてこの老人は犬を飼っているのですが、この犬の戦闘力がまあ高い!そのため3人は空き巣はおろか自分たちが無事に逃げられるのかという状況に追いこまれてしまいます。3人の運命や、いかに?

目の見えない主人公と強盗との戦い、といえば、オードリー・ヘップバーン主演の「暗くなるまで待って」がありますが、本作はそれと対照的に、主人公たちが目が見えて、相手の老人が盲目という逆転の構図となっています。
これだけの設定ならば、主人公たちがあっさりお金を盗んで終了、ともなりかねないのですが、これをうまく逆手にとっているのが本作の魅力です。

例えば、ちょっとした物音を聞きつけて老人が迫ってきますが、目が見えないため超至近距離まで近づいてきます。この緊張感といったらたまらないものがあります。

少ない登場人物とほとんどが老人の家の中という限られた空間ながら、ここまでの作品を作れるという可能性を示した一本でもありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。