「ラ・ラ・ランド」感想


(公式HPより引用)

[story]
ロサンゼルス。女優を夢見るミア(エマ・ストーン)はカフェで働きながらオーディションを受けるもけんもほろろな毎日。ある日、ふと足を踏み入れたジャズバーでピアノを演奏しているセブ(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、自分の理想とするジャズを思う存分演奏することを夢見ていた。やがて2人は恋に落ち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが将来のための資金つくりに参加したバンドが成功し、2人は徐々にすれ違っていくことに・・・。

「セッション」で一躍ハリウッドの寵児となったデイミアン・チャゼル監督によるミュージカル。
第89回アカデミー賞で監督賞、主演女優賞をはじめ6部門で受賞しています。

アカデミー賞レースでも大本命であり、そのきらびやかな雰囲気も相まって、日本でもヒットした本作ですがはたしてその中身はどんなものでしょうか?

冒頭、渋滞したハイウェイで人々が車の上に飛び乗って踊りだすシーンで映画は始まります。
こんなにイライラするような状況においても楽しんでしまうのがロサンゼルスの、まさにLA LA LANDな状態なんだよと魅せてくれる非常に印象的なオープニングになっています。

タイトルでもあるLA LA LANDには、陶酔した、恍惚とした、我を忘れたという意味もあるようでそれを体現するかのようなシーンとなっていました。

ところが、その後のミュージカルシーンは、ミアが友人に誘われてパーティーに向かうシーン、ミアがセブと再会したあとにロサンゼルスの夜景をバックにタップダンスを踊るシーン、そして2人がプラネタリウムで空中を舞い踊るシーンと、それぞれに魅力的ではありますが、小出し感もあって、あれ?これミュージカル映画じゃないの?とすら思ってしまいました。
ただ、最後まで観終えると、このある種の飢餓状態を作り出すかのような構成があったからこそラストシーンがより一層映えるのだということが分かります。

この見ている側の気分や感情の変化、高揚感すらコントロールするような構成になっているという点で、デイミアン・チャゼル監督の手腕は素晴らしいと言わざるをえません。

その後、互いに夢追い人として恋に落ちた2人はそれぞれ励まし合いながらそれぞれの夢を追いかけていくことになります。

セブはまず実践することが重要だと考えているところがあり、最初に働いていたジャズバーでもオーナー(演じるは「セッション」の鬼教官役だったJ・K・シモンズ)の意に逆らって自分のやりたい曲を演奏する一方で、お金のためにパーティーで全く趣味の合わないバンドのバックで演奏したりもしています(曲はa-haの「Take On Me」)。

一方のミアはオーディションこそ受けているものの合格はおろか審査員にまともに見てもらえないままという失意の日々です。
生活のためにカフェで働いてはいますが、他の友人たちのようにパーティーに行って出会った人脈でなんとかしてもらおうとかを考えてはいません。

ゴールは明確だけどそれまでの道筋や手段を選ばないセブと、とにかく正攻法で自分を認めてほしいミアという考え方の違いは、やがてセブがミアと生きていくために友人のバンドに加入するという形で明確化していきます。
この友人キース(演じるはジョン・レジェンド!)のバンドはニューウェーブジャズとでも言うのか、かなり斬新なアレンジを入れた音楽なのですが、これが大ヒットとなり、セブはツアーとアルバム制作で忙しくなり、ミアとは生活面でも考え方の面でもすれ違いが生じるようになってしまいます。

一方のミアもオーディションに落ち続けている合間に自分で書いた脚本があったのですが、セブはそれを自主公演で上演するべきだと励ましてくれます。
セブの後押しもあって上演にこぎつけるも、評判は散々、客もガラガラで失敗に終わってしまいます。
しかもセブが舞台の時間に間に合わず、ショックを受けたミアはそのまま故郷に帰ってしまいます。

2人はどうなってしまうのか?
2人の夢は実現するのか?

観ている側は、この2人の夢追い物語の目撃者としてその後の展開を観ることになるのですが、先に書いたようにミュージカルシーンも少なく終盤の演出が控えめなこともあり、欲求不満状態を抱えたところでのあのラストに帰結するのです。
「セッション」でも本編のほとんどがラストシーンのための布石のようにも感じたのですが、それは本作でも同様な気がします。
これはぜひご自身でご鑑賞の上、確かめてもらいたいと思います。

ただ手放しの絶賛ができるタイプの映画ではないというのも正直な感想です。

1点目は、本作が極めてシンプルすぎる夢追い物語になってしまっていること。
ストーリー的な面白み、ケレン味のようなものはあまり感じられません。このあたりは本作がアカデミー賞の大本命でありながら、脚本賞を逃し、ひいては作品賞も逃しているということにつながっているのかもしれません。
(ただし自分はこの時点で「ムーンライト」(作品賞、脚色賞受賞)も「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(脚本賞受賞)も観ていないので、単にこれらの作品のほうが優れているということは否定できません)

一応はプロとして人前で音楽をやっていたセブはともかく、自主公演の舞台だけでミアがそこからスターダムへとのし上がっていくというのはいくら映画といってもデキすぎという印象でした。
本当の芸術は大衆には理解されないものだ、と完全に線引をされているようで、監督自身が公言する映画愛、音楽愛とも一致していないような気がしました。

もう1つは予告編の問題です。
先にも書いていますが、本作は観ている側にひたすらおあずけ、というか我慢を強いる映画になっていて、それがラストシーンで感動という形で結実していくのですが、予告編でそれが流れてしまっているので、その感動が薄まってしまった印象でした。
序盤に同様のシーンがあって、そこで予告編を観た人はあれ?ってなってしまうのですが、その前フリもこの予告編のせいで台無しになっている気がします。

予告編の製作過程がわからないので、すべての素材をもらえていなかったり映画を全編通して観る前に製作されている可能性もあるので一概に否定はできないのですが、これは予告編を全く観ないで本編を観た人の方が明らかに評価が高くなると思います(現実的にはそうとう難しいでしょうけどね)。

ともあれ、商業映画の長編2作目でここまでの作品を作るデイミアン・チャゼル監督の手腕は光るものがありますし、まだまだ若いので今後もとんでもない傑作を世に送り出してくれることを期待してやまないのです。

本作のキャッチコピーは「夢を見ていた」ですが、ミアの夢、セブの夢、そしてラストシーンで描かれた夢、これらをともに味わえることこそが、まさに夢のようでした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる