FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひるなかの流星」感想。


(公式HPより引用)

[story]
家族の都合で田舎から東京の高校に転校してきた与謝野すずめ(永野芽郁)。初めての東京で迷子になっていたところを助けてくれた獅子尾(三浦翔平)は彼女の担任の教師だった。"ちゅんちゅん"と呼んでくる軽いノリの獅子尾に戸惑いを感じながらも、その優しさに惹かれていく。一方、すずめが勇気を出して友だちになって欲しいと言ったクラスメイトの馬村(白濱亜嵐)は、最初は無愛想だったが、徐々にすずめのことが気になりだして・・・。

やまもり三香の同名コミックの実写映画化。
監督は「潔く柔く」「四月は君の嘘」の新城毅彦。

原作は全く知らなかったので、登場人物が全員何らかの動物が入っているということに意味があるのか、とかはよく分からないのですが、スウィーツ映画もしっかりカバーするのが当ブログ、というよりは中の人の個人的なこだわりでもあるので、いそいそと見に行きましたよ。

基本の構図は先生と生徒の恋愛、三角関係といったテイストの恋愛映画なので、そこに特に真新しさは感じません。
三浦翔平扮する獅子尾先生が先生には見えないぐらいチャラいので、先生と生徒の禁断の愛という印象が薄れているぐらいですかね。

恋のライバルとなるクラスメイトの馬村に扮するのは、EXILE、GENERATIONSの白濱亜嵐なのですが、彼はLDH製作映画以外の出演歴はそれほどなく演技力的な面が気にならないわけではないのですが、キャラクターが無愛想という設定なので、見ていてそれほど違和感を感じることはありません。

ともあれ、本作は永野芽郁を観る映画ですね。
田舎から出てきた当初のいもっぽさから、やがて山本舞香扮するイケてる系女子・猫田ゆゆかの手ほどきもあり、メイクや着こなしが洗練された姿へと変貌を見せてくれます。
あまり周りに流されない自分を持っているというキャラも本人のイメージにマッチしている印象でした。

もちろんスウィーツ要素も満載です!
本作では、上着貸し、ホタル放ち、カーテンくるりん、壁ドン、頭ポンポン、いきなりキス、あすなろ抱きなどをしっかりとご用意しております!

極めつけは、終盤の体育祭のシーンで、獅子尾と馬原がすずめを賭けてリレーでバトる!かぁ~~~!!!

かつて女子高生だった皆さまは誰もが憧れたはずのシチュエーションがここにはあります!
男性の方は、まあ、なんとなく想像で楽しみましょう!(;・∀・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。