FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「T2 トレインスポッティング」から考える若者の未来と犯罪



「トレインスポッティング」ではレントンやシックボーイ、ベグビーにスパッドは、ろくに仕事をするでもなくドラッグやアルコールに溺れ、それらを買うためのお金を得るのに強盗をするという日々を過ごしていました。

Piquero(2014)では、2つの都市において犯罪を繰り返す若者について調査したところ、自分の未来に希望を持てない若者の、再犯率が高くなっていることが示されました。

なるほど、レントンたちが結局は犯罪を繰り返したり、ドラッグに溺れたりしてしまうのも、未来への希望のなさが原因だったのかもしれませんね。

確かにスコットランドではイギリス全体の緊縮政策によって労働者階級は切り捨てられ、希望が持てない状況が続いていました。

日本では安心か、というとそんなことはありません。
内閣府(2014)では、13歳~29歳の若者を対象に、「自分の将来について明るい希望を持っていますか?」という質問に対する回答を、日本、韓国、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、スウェーデンの7ヵ国で比較したところ、日本以外の6ヵ国は80%以上の若者が「希望がある」「どちらかと言えば希望がある」と回答していたのに対し、日本の若者は、61.6%に留まったという結果が示されました。

この背景は、進学や就職などで失敗してしまうと再起が難しいというシステムの問題や、"さとり世代"と揶揄されるように、あらゆるものに興味がない、欲がないために消費行動を控える傾向が強いことなども指摘されていますが、やはり自信のなさや消極性から来ているのではないでしょうか?

海外留学や国際交流などを経験している若者には上記のような傾向が見られないというデータもあるので、やはり積極的に行動して、自分の視野を広げていくことが大切ですね。

レントンたちみたいにこのまま突っ走るしかないという生き方を選ぶのも1つの道ではありますが、そこまで追い込まれる前に、様々な可能性を考えてみることが重要です。


[引用]
内閣府(2014). 今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~. 平成26年版 子ども・若者白書.

Piquero, A. R.(2014). “Take My License n’ All That Jive, I Can’t See … 35”: Little Hope for the Future Encourages Offending Over time. Justice Quarterly, 33, 73-99.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。