FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SING / シング」から考える歌うことの心理学的効果



「SING / シング」では、それぞれの思いや悩みを抱えながらもステージに立って歌いたいという夢を追い求める作品でした。

音楽のもたらす心理学的効果の研究はたくさんあるのですが、大半は、音楽を「聴くこと」の効果の研究になっています。
というのも、一般の人にとっては歌や音楽は聴く機会が圧倒的に多く、歌ったり、楽器を演奏したりするのは専門的にやっている人や趣味の人に限られているため、研究の数としては限られたものになってしまっているのです。

歌うことの効果の研究は、実は日本は世界的に見ても多く研究されている方で、その一つの要因はやはり「カラオケ」でしょうか。
日本では世代関係なく趣味や娯楽の一つとしてカラオケが定着しているので、それを研究対象とするというのも増えてきているようです。

カラオケで歌うと、ストレス発散になる、という人は多いと思うのですが、歌がうまくなかったり、恥ずかしがり屋だったりすると、その効果は得られないのではないかとも考えられます。

Sakano et al.(2014)では、44人の60歳以上の被験者を対象に、カラオケを歌う前と後でのストレスレベルに違いがあるかを調査しました。
その結果、気分がリフレッシュした、快適な気分、嬉しい気分、リラックスしたといった項目への回答が高まっていることが示されたとともに、ストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールが減少していることが示されました。
これは心理的にも生理的にも歌うことの効果があったということを示しています。

さらには、事前に歌うことが嫌いだと言っていた人においても同様の効果が見られたことからも、いかに効果が大きいかが分かります。

ということで、ストレスがたまっている人は、Let's sing a song!

[引用]
Sakano, K., Koufuchi, R., Tamaki, Y., Nakayama, R., Hasaka, A., Takahashi, A., Ebihara, S., Tozuka, K., & Saito, I.(2014). Possible benefits of singing to the mental and physical condition of the elderly. BioPsychoSocial Medicine, , 2014 8:11.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。