FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ムーンライト」感想。


(公式HPより引用)

[story]
シャロン(アレックス・ヒバート)は、リトルと呼ばれ、内気な性格もありいじめられっ子だった。ある日、いじめられっ子に追いかけられていたところをフアン(マハーシャラ・アリ)という男に助けられる。シャロンは徐々にフアンに心を開いていき、フアンもシャロンに生きる上で大切なことを教えてくれるようになる。一方、彼が唯一心を許している友だち、ケヴィン(ジャハール・ジェローム)に対して、単なる友情を超えた何かが湧き上がるようになり・・・。

貧困地域に産まれた黒人少年が、いじめや自分のセクシャリティーに悩みつつも成長していく姿を、少年期、青年期、成人期の3つのパートに分けて描いた作品です。
本作は、2016年度米アカデミー賞作品賞、助演男優賞、脚色賞を受賞しています。

主人公のシャロンを3つのパートそれぞれで異なる俳優さんが演じているというのも特徴です。
内気で体も小さいいじめられっ子だった頃のリトルの時代、青年になりフアンがいなくなり、母親の麻薬中毒もひどくなる一方で、心のよりどころを失っていく一方で、自分のセクシャリティーについて目覚めていったシャロンの時代、そして、暴行事件がきっかけで逮捕され、刑務所で体を鍛えて誰の力にも屈しないようにするととともに、刑務所内でできたツテでフアンと同じように麻薬の売人として生きていくことになるブラックの時代と、描き分けられています。

本作は一貫して、矛盾と皮肉に包まれています。

リトルは小さい頃からいじめられていますが、その原因の1つがセクシャリティーにあることはまだ本人ですら自覚していないのに、周りのいじめっ子の方がそれを敏感に感じ取っていじめのネタとしてくる皮肉。

リトルに手を差し伸べ、いわば父親代わりかのように親身に接してくれるフアンは、リトルの母親が麻薬中毒でリトルに対してネグレクト状態であることを知り、リトルのためにもなんとかしたいと思いますが、母親に麻薬を売っていたのは他ならぬフアンだったという皮肉。

刑務所から出所したリトルが生業としたのが、自分と母親との関係をズタズタにしてしまった麻薬の売人であるという皮肉。
しかもそれがかつてフアンに言われた「自分の道は自分で決めろ」という言葉の対極にもなっているという皮肉。

そんな矛盾や皮肉をはらんだ登場人物たちの思惑をよそに、全編がブルーで統一されたかのようなビジュアルは一切変化がありません。
フアンの車、シャロンたちの通う学校の教室、そして月明かりに照らされた海。かくも複雑な人間たちを前にただそこに存在するかのような風景という描き方が印象的でした。

ただ、ストーリー云々のことで言うと、そこまでインパクトのある作品だとは思えませんでした。
物語の重要なキーを握っているフアンは、第1部のリトル時代しか登場せず、第2部のシャロン時代ではすでに死んだことになっています。しかもその詳細は特に触れられていません。第2部でシャロンを気にかけるフアンの恋人テレサも、第3部には登場しません。

小さい頃からいじめられっ子だったり、セクシャリティーで悩んでいたりと様々な問題が描写されているものの、決してドラマ性が高かったり観ているものを唸らせるような展開があったりするわけではなく、淡々と描写されている印象です。

アカデミー賞でこそ脚色賞を受賞していますが、脚本賞(それ自体が映画のオリジナルのもの)と脚色賞(既存の原作を映画用にリライトしたもの)の区別がない賞では、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」や「ラ・ラ・ランド」の方が受賞しているあたりでも、ストーリーそのもののインパクトではないのかもと思っています。

ここ数年、アメリカの人種問題はシビアというかナイーブになってきていて、白人、黒人の差別だけでなく、ヒスパニック系やその他の移民の人々をも含めた有色人種全般を対象に差別の撤廃が叫ばれていて、映画やドラマでもやたらと人種のオールスターかのようになっています。

その一方でアカデミー賞を始めとするアメリカの映画界ではまだまだ潜在的な差別の意識が強く、2015年のアカデミー賞では主演・助演男優女優賞の全てのノミネートが白人だったことも問題視されていました。
この流れを経ての2016年度だったわけですが、本作で助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリをはじめ、各賞に最低1人、助演女優賞に至っては5人中3人が非白人俳優のノミネートとなりました。
この多様性の評価の流れを受けて、本作がアカデミー賞作品賞に輝いたというある種のトレンドの影響はゼロとは言えないでしょうが、今回の受賞の本質は別のところにあると思っています。

本作の描かれていない特徴の一つとして、人種差別的な要素がほとんどなかったということが挙げられます。
これまで有色人種、とりわけ黒人を主人公としたアメリカ映画ではその多くが人種差別を描いているものでした。
2016年度アカデミー賞の作品賞にもノミネートされた「ドリーム」や2013年度のアカデミー賞で作品賞を受賞している「それでも夜は明ける」はまさに人種問題をダイレクトに描いた作品です。

本作は描いている対象がたまたま黒人のコミュニティーだったというだけで、貧困問題やセクシャリティーの問題にスポットを当てているというのがまさにエポックメイキングな作品であると言えるのではないでしょうか。

2005年度のアカデミー賞では、大本命と言われていた「ブロークバック・マウンテン」が作品賞の受賞を逃し、「クラッシュ」が受賞したということで、当時のアカデミー会員がLGBTに対する理解不足もあり、やはり保守的な態度なのではないかと問題視されたこともありました(個人的には「クラッシュ」も素晴らしい作品だったので結果自体は納得していたのです)が、こういう作品が受賞できたということ自体も、多様性理解の第一歩なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。