FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無限の住人」から考える復讐の心理



「無限の住人」では、逸刀流に家族を殺された少女・凛が、不死身の百人斬り、万次の力を借りて、逸刀流への復讐に身を投じていくさまを描いていました。

復讐劇というのはドラマ性があるためか、映画や舞台の題材にもなりやすく、シェークスピアの「ハムレット」から、赤穂浪士の討ち入りを描いた「忠臣蔵」まで、和洋問わず取り上げられている印象です。

とりわけ日本では、ケンカ両成敗といった考えが浸透していることもあるのか、こうした復讐劇は溜飲が下がるというものなのかもしれません。

日本でも物騒な事件が増えてきて、もし自分の家族や大切な人がその被害者となったら、犯人に復讐したいという気持ちが出てくるのも十分にうなずけます。

それでは、復讐は心理的にどのような影響を与えているのでしょうか?

Eadeh, Peak & Lambert(2017)では、アメリカ人の調査対象者に、通常の文章を読ませた時と、ビン・ラディン殺害の記事を読ませた時とで、その後の感情や気分に変化が見られるかを調査したところ、ポジティブな感情はどちらの文章を読んだ時でも差がなかったのに対し、ネガティブな感情については、ビン・ラディン殺害の記事を読ませた時の方が、かえって増幅されたという結果になりました。

アメリカ人にとっては、同時多発テロの首謀者ということで、自国や自国民に対して危害を加えた相手ですが、それでもその首謀者が殺されたという記事はポジティブな感情にはつながらず、逆にネガティブな気持ちになっているということです。

復讐は後味が良いものではない、というのが本筋と言ったところですが、本作のように、自分の両親を殺されたなど、直接的な関係者だとしたらどうでしょう?

Sjöström & Gollwitzer(2015)では、オンライン調査によって、復讐の相手が本人なのか、それとも同じ仲間なのか、そしてその仲間の関係性によって、その後の感情が異なるか調査したところ、復讐の相手が本人ではなくその仲間が対象で、かつその関係性がそれほど深くない相手になると、復讐をした後の後悔が強くなるということを示しています。

当事者への復讐でもない限り、決して良い気持ちにはならないということですね。

本作の原作でも復讐とは何なのか、と言った部分が描かれています(残念ながら映画では描かれていませんが)。テロへの報復、日韓の問題などなど現実でも終わらない復讐の連鎖が存在しています。復讐よりもよい解決方法を見つけ出したいものですね。

[引用]
Eadeh, F. R., Peak, S. A. & Lambert, A. J.(2017). The bittersweet taste of revenge: On the negative and positive consequences of retaliation. Journal of Experimental Social Psychology, 58, 27-39.

Sjöström, A. & Gollwitzer, M.(2015). Displaced revenge: Can revenge taste “sweet” if it aims at a different target? Journal of Experimental Social Psychology, 56, 191-202.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。