FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青空エール」感想。


(公式HPより引用)

[story]
高校野球の応援をしているブラスバンドに憧れ、吹奏楽部の名門、白翔高校に入学したつばさ(土屋太鳳)。トランペットがやりたくて初心者ながら吹奏楽部に入部するも、全国レベルの実力を持つメンバーを前に自信を失ってしまう。そんなつばさのクラスメイトで野球一筋だった大介(竹内涼真)は、つばさを勇気づけてくれる。2人で一緒に甲子園行くことを約束して、懸命に練習に打ち込むのだが・・・。

河原和音の同名少女コミックスを土屋太鳳と竹内涼真の主演で実写映画化した青春ストーリー。監督は「陽だまりの彼女」「アオハライド」の三木孝浩。

原作はこれまた未見でしたが、本作の予告編は今年映画館で1,2を争うんじゃないかっていうぐらいに見ていました。そして、

甲子園に行く約束→主人公応援ラッパのために吹奏楽部希望も動機が不純で煙たがられる→頑張って認められだす→彼氏ケガ→激励するも恋のライバル女子マネに制される→吹奏楽部メンバー病院で激励演奏→彼氏奇跡のカムバック。

なんてストーリー展開だろうなあと見えてしまったためにそれほど乗り気じゃなかったんです。
でもみずみずしい青春映画を撮らせたら定評のある三木孝浩監督だし、モデルとなっているのが札幌の白石高校ということでなんとなく馴染みもあるし、という感じで見に行きました。

結果・・・

大感動である!

確かにストーリー展開とかに奇をてらった部分は少なくて、先述した展開予想も大きくハズレているわけではなかったのだけど、その少しもブレのないド直球に年甲斐もなく心動かされましてね・・・。

本作はタイトルにもあるようにエール、つまりは相手を励まし応援するというのがテーマになっているんですが、これが単に主人公の2人だけではなく多くの登場人物に対して贈られているというのが素晴らしいところ。

1. 大介からつばさへのエール

大介は常につばさに対してエールを送っています。
つばさが吹奏楽部のレベルについていけなくて悩んでいるときも、一緒に甲子園を目指そうと約束していますし、教室で落ち込んで泣いている時も、下を向いても元気出せるようにと、上履きにスマイルマークを書いてくれます!
さらには神社に願掛けに行った時絵馬に書いていた願い事も・・・あ、これはぜひ本作を見て確かめて下さい(映画でも最後の方まで引っ張ります)。

2. ひまりからつばさへのエール

大介と同じくらい常につばさの味方でいてくれるのが親友のひまり(松井愛莉)です。高校に入った当初、引っ込み思案だったつばさに同じ中学校の出身だからと積極的に話しかけて、最初に吹奏楽部を始めるときや、野球部が勝ち進んでスタンドで演奏できるときまったときも、常に一緒になって喜んでくれるのです。
最終的に、ひまりは「つばさの姿を見てわたしも誰かを応援してみたくなった」ということで、チアに入部しつばさら吹奏楽部と一緒に応援をするのです。
ひまりちゃん、良い子すぎや・・・(´;ω;`)ブワッ

3. 森先輩からつばさへのエール

森先輩(志田未来)は、初心者だったつばさに基本的なことからレッスンをしてくれます。これは自分の練習時間を割いてやってくれていて、吹奏楽部の強豪校においてはオアシス的存在でした・・・。
そしてこれがあったからこそ、つばさが先輩となった時、新しく入ってきた部員にもレッスンをしたり、その部員が自分を差し置いて選抜メンバーに選ばれた時もしっかりとエールを贈ることができたのではないでしょうか。
森先輩は卒業後も学校を訪ねてきて、またつばさにエールを贈ってくれます。森先輩、ええ子やな~。(´;ω;`)ブワッ

4. 吹奏楽部から森先輩へのエール

森先輩は腱鞘炎になってしまい演奏できなくなってしまいます。
そのことが原因で部活にも来なくなってしまうのですが、それでも一緒に演奏したい思いで、つばさは練習後に森先輩の家に駆けつけます。
しかしふさぎ込んでいる森先輩は会ってくれないどころか、「素人のあんたには選抜メンバーに選ばれるのは絶対にムリだ」とヒドイことを言われてしまいます。
それでもめげずに森先輩のところに来ていると、いつしか同じパートのメンバー、そして最後には部活のために選抜メンバーから森先輩をはずした部長の春日先輩(小島藤子)までもがやってきます。みんな涙ながらの説得に、森先輩もまた部活に来てくれるようになります。
このシーンはちょっとジーンと来ちゃいましたね。

5. 城戸から大介へのエール

大介とずっとクラスメイトで後半にはピッチャーとしてキャッチャーをしている大介とバッテリーを組むことになる城戸(堀井新太)は、ケガをしてもなおチームのことばかり気にかけている大介に対し、「自分の前ではキャプテンじゃなくていいよ。オレといるときぐらい弱音を吐けよ!今のオレはピッチャーじゃなくてお前の友だちだろ?」と叱咤激励します。決して弱さを見せようとしなかった大介の心が和らいだ瞬間だったかもしれませんね。

6. 碓井先輩から大介へのエール

碓井先輩(山田裕貴)は大介と同じキャッチャーでスタメンでしたが、地区予選の決勝戦で負傷してしまい、大介と交代します。このとき大介のミスでチームは敗退してしまいますが、碓井先輩はそれを責めることはなく、自分では果たせなかった甲子園への夢を大介に託します。そして大介に、「お前は後輩たちを連れてってやれよ、甲子園に。」と。この構図はそのまま大介がケガで出られない時に代わりに出ていた後輩キャッチャーにもそのままつながっていきます。さらには、「吹奏楽の甲子園」とも言われている普門館を目指している吹奏楽部の面々とも重なります。

7. 吹奏楽部から大介へのエール

大介は練習中のつらい時も、グラウンドでも聞こえていた吹奏楽部の練習の音楽に励まされていました。それが力になるのだと思ったつばさは吹奏楽部のメンバーに頼んで、大介がリハビリをシている病院へと駆けつけてそこで演奏します。この演奏を聴いた大介もまた自分がしっかりと治してまたグラウンドに立つことが大事なんだと決意します。
ちなみにこのシーンは映画のオリジナルで原作では吹奏楽部の演奏CDを渡すだけなようで、これは映画の演出のほうが良いですね。

8. 水島からつばさへのエール

水島(葉山奨之)はつばさと同学年で楽器も一緒ですが、1年にして選抜メンバーに選ばれるほどの実力の持ち主で、最初は初心者でしかも「野球の応援スタンドでトランペットを吹いてみたい」という単純というか不純な動機で入部してきたつばさを疎ましく思っています。最初に話した時に「部活をやめてほしい」と言ってくるぐらいです。
しかし、それでも一生懸命ひたむきに練習しているつばさに、「学校の楽器じゃなくてやはりちゃんとしたものを用意したほうがいいよ。」とアドバイスをしてくれます。
一方で、初の公の舞台ではつばさが調和を乱さないようにわざとトランペットを吹いていないことを見抜いて、きちんと叱ってくれます。このあとつばさも叱ってくれたのに対し、ありがとう、というのがまたいいですね。
そして、つばさが初めての野球の応援スタンドでの演奏の時、大介を励まそうと、チームが負けたにも関わらず勝手に演奏してしたのをマナー違反だからと止めたのですが、次の年には自分のソロのパートをつばさに譲るのです。
映画ではあまり描かれませんが、水島もつばさのことが気になっている感じなのに、つばさと大介をそっとサポートするかのような彼の行動にはただただ感動です。

9. つばさから大介へのエール

つばさは終始、大介に何もしてあげられなかったと悔やんでいるのですが、その演奏の音色を聴くだけでも十分にエールになっていました。
大介は趣味も特技も野球と言っていたぐらいに野球一筋だったのに対し、つばさは全くの素人で強豪校の部活に入っているのですから、その大変さは大介も十分に理解しているのでしょう。
だからこそ一生懸命に、いや、一心不乱に頑張るつばさの姿そのものが大介にとって何よりのエールとなっているのではないでしょうか。


と書き出しただけでも、誰かが誰かにエールを送り、それも一方向ではなく双方向で互いに励まし合い、支え合うという姿が感じられるのが本作の素晴らしいところだと思っています。
こういう作品だとどうしても2人の主人公にスポットが当たりすぎて、他の人物についてあまり深く描くことができないことも多いのですが、本作はそのバランス感もとても良いものだと思います。
2時間の尺の問題もあって、やや駆け足の印象もありますが、本作の質を考えれば微々たる問題でしょう。

余談ですが、本作のモデルとなった札幌白石高校の吹奏楽部だった人からもいろいろ話を聞いたのですが、実際には映画で描かれるよりももっと体育会系寄りだったそうです。お祭り行っていいよ!なんて言ってくれる雰囲気は全く無かったそうで・・・(^_^;)

「君の名は。」人気にやや隠れてしまっている印象があるかもしれませんが、本作もオススメです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。