FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「聲の形」感想。

shape of voice
(公式HPより引用)

[story]
退屈しのぎにいつも楽しいことを探している小学6年生の将也。ある日、彼のクラスに耳の聞こえない少女、西宮硝子が転校してくる。将也は彼女を面白がって無邪気な悪戯をするようになるが、他のクラスメイトも追従し、徐々にエスカレートしていく。その結果、硝子は再び別の学校に転校してしまうが、この時のいじめの責任が将也ひとりに押し付けられてしまう。週から孤立した将也は、それから5年経って、ある決意を胸に、硝子に会いに行くのだが・・・。

「このマンガがすごい!」で1位にもなった大今良時のベストセラー・コミックスを「涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん !」の京都アニメーションの制作で映画化した長編アニメーション。

原作が発表された時点でかなりの話題になっていたので読もうと思っていたのですが、映画化されることを知り、原作未見の状態での鑑賞となりました。

小学生時代と高校生時代のストーリーが並行して描かれています。

小学校時代は、クラスのガキ大将、将也が、退屈しのぎのつもりで聴覚に障がいのある硝子をからかいはじめます。
最初のうちは、大きな声を出して驚かそうとしたり、耳が聞こえないのでうまくしゃべれない硝子の話し方をふざけて真似したりと、いかにも小学生らしいようないたずらなのですが、他のクラスメイトたちも加わってくるとそれがエスカレートしていき、補聴器を何度も壊してしまうようになります。そしていたずらが元で硝子にケガをさせたことが契機となり、硝子は転校、いじめの首謀者として将也はやり玉に挙げられ、今度は自分がいじめのターゲットとなってしまいます。

小学校のパートは上記のくだりが主だった内容なのですが、正直、思いっきり、胸くそ悪いです(表現が汚くてすみません)。
他にも、頭からゴミをかけたりもしていましたし、手話を覚えようとしたクラスメイトの佐原も無視したり(彼女もまた転校していきます)します。
そして、将也が悪者となってしまった時には、みんな手のひらを返したように将也を標的にするのです。
何より問題なのは、そんな状態に気がついている癖に事なかれ主義で、硝子の転校が決まって校長から言われた時に、将也にすべての責任を押し付けた担任の先生です。

小学生の、子どものすることって時にスゴイ残酷だということがあるのはわかります。ただこれは明らかに度を越している状態なのに誰も何も言わないというのに怒りを隠せません。
硝子の母親も自分の娘がいじめられて、高価な補聴器を何度も壊されているのに、彼女に強くなって欲しいからと突き放しているのはどうなのかと。

とまあ、こんなモヤモヤ、ムカムカを抱えて小学生パートを見ることになるのです。

将也はこのことが原因で周囲から孤立し、そのまま高校生となります。
序盤は高校生パートから始まるのですが、将也はひたすらバイトをして貯金し、さらには自分の持っていたゲーム、果てには布団すら売って、お金にします。すっかり心を閉ざした彼が成し遂げようとした1つはお金をためて親に返すことであり、もう一つが硝子に会いに行くことでした。
お金は小学生時代に硝子の補聴器を何回も壊した分を、将也の母親が弁償しており、それを返すためでした。そして心のわだかまりでもある相手、硝子に謝るべく彼女に会いに行くのですが、それを成し遂げたら思い残すことはない、というのが彼の心情だったのでしょう。

しかし、そこから硝子との交流が始まっていきます。
彼女の願いを叶えようと奔走するうちに、人に対して心を開くようになり、ふとしたきっかけで話すようになったクラスメイトの永束、別の高校に通っている佐原、そしてかつてのクラスメイトだった川井とも交流していくようになっていきます。
しかし、今は佐原と同じ学校に行っているかつてのクラスメイト、植野が登場すると、将也もかつての記憶が思い出されて、また昔のように心に壁を作ってしまうようになります。

はたして彼らの関係はどうなっていくのか?
将也はかつてのように周りとうまくやっていけるようになるのか?
といったところが描かれていくわけですが、どうしても将也と硝子の関係が中心となっているため、それ以外のキャラの描き方がイマイチだった印象でした。映画化にあたって2時間程度に話をまとめなければならないという点で仕方のない部分もあるかと思いますが、やや消化不良に終わってしまいました。

ということで、映画も見たので、原作コミックを一気読みしたのですが・・・

めちゃくちゃ面白い!というかよく出来てる!
これは原作の評価が高いのも、ファンが多いのも、映画化されたのも頷けます。
以下、映画と原作の比較をしつつ、補完された部分について書いていきたいと思います。

ネタバレを含みますので、未見の方は、ぜひご鑑賞後にご再読ください。


1. 落ちる

映画では将也が自殺を試みようと橋のところに行くも怖気づいてしまうというのが序盤にあります。
それが終盤では硝子を助けるために、何の躊躇もなく飛び出していきます。
原作では小学生時代に退屈しのぎの度胸試しとして、橋から川に飛び降りるという遊びをしていました。
それが高校生になっては同じように飛び込むことはできなくなっていて、これは無邪気で何も考えていなかった小学生時代とは違うということを明示していて、その上で、硝子を助けるために飛び出すというところが感動にもつながるのですが、映画ではこの小学生部分のエピソードがないので、この印象がやや薄らいでいます。

2. 将也たちの夏休み

原作では、将也は、初めて話すようになったクラスメイトの永束たちと夏休みに一緒に映画を作ることになるのですが、映画ではこの関連のエピソードを思いっきりカットしています。
そのため、彼らに植野が関わってくるのがかなり強引な印象になっています。もちろん彼女の性格ならば特に理由がなくとも関わってきてもおかしくはないのですが、そうすると、将也が硝子と会うようになるまで関わらなかったのがおかしな印象となってしまいます。
原作では、植野(佐原も)はデザインの勉強をしていて、映画の衣装を作ってくれるという形で関わってきます。映画を作らないまでも何らかのつながりを必然とするような設定があればよかったかもしれないですね。

3. 各キャラクターの描かれ方

どうしても将也と硝子にスポットを当てざるをえないということもあるでしょうが、他のキャラクターについての説明が足りていないような気がしました。
上記の植野もそうですが、彼女は将也に気を寄せていることはわかりますが、急に現れたと思ったら入院中の将也に他の人を会わせなかったりするなど、行動がエキセントリックすぎる状態になっています。
植野は小学生時代、最初は硝子に対して一番親身に接していました。
しかし、周りにからかわれても相手を怒ったり嫌ったりしない硝子に苛立っていくのですが、植野の硝子に対するスタンスが最後までブレないのが魅力的ですらあります。ただ、映画ではなぜ植野がそういう態度を取るのかの説明が不十分なので、せいぜい、自分が好きな将也が硝子に惹かれているのを邪魔したくて、といったところに落ち着いてしまうのがもったいないですね。
原作まで読むと、植野は硝子は怒るべき時には怒るべきだという姿勢を打ち出していて、これは硝子の母親が、硝子に、耳が聞こえないとはいえ普通の女の子として過ごしてほしいという願いともマッチします。

川井の方も植野らとともに硝子のいじめに加わっておきながらいじめとして問題になった時には将也を無視する側に回っています。
高校生になった今も川井は将也とクラスメイトですが、クラスではほとんどしゃべることすらありません。
ただ川井が気になっているクラスメイトの真柴が将也に興味を持つと、それにあわせて自分も将也と話すようになります。
映画で見ると、極めて自己中心的で、自分の都合の良いように物事を捉える現金な態度ばかりが目について、なんともムカつく存在なのです。
原作では、硝子をかばってケガをして入院した将也のためにクラスのみんなで千羽鶴を送ろうと企画しますが、そもそもクラスでも浮いた存在の将也に対して協力的な人はほとんどおらず、川井を偽善者だととらえる(というよりは以前からそう思われていたのが表面化したというのが正しいですかね)人も出てきたことで、川井も考えを改めることになります。
このあたりがないので川井に対して良い印象を持たないまま映画が終わってしまいます。

と、原作との相違点を含めて書いていきましたが、映画ならではの魅力が感じられた部分もあります。

まず映画全体で印象的なのが音楽です(音響と言った方が良いかもしれません)。時折、ピアノの鍵盤を1つトンっと叩いたような音、ピアノのペダルを踏んだときのような音、ピアノの弦を弾いたような音が流れます。
これは登場人物たちの心境に何らかの変化があったときや、過去の出来事を思い出したときなどに印象的に用いられています。
この独特のサウンドは、補聴器を通じて聞こえるような音を再現したということもあって、映画のイメージによくマッチしています。

もう一つ、それは将也が見る人物の顔につけられた×印です。
これは将也が孤立してしまって他の人をまともに見ることができなくなり、結果としてその個人を認識すらしなくなるということを具現化して表しているものです。原作でも同様の表現がされていますが、これは映画の方がより顕著です。
そして、将也が再び人と向き合うことにした時の変化も現れていて、ここは素直に感動できるシーンでした。

というわけで、映画だけでは少し情報が足りないという印象はありましたが、映画ならではの演出もありますので、原作ともどもお楽しみいただけたらと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。