FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハドソン川の奇跡」感想。


(公式HPより引用)

[story]
2009年1月15日、ニューヨーク上空850mで155名を乗せた航空機がバードストライクによりエンジン停止してしまう。近隣の空港への着陸が間に合わないと判断した機長のサリー(トム・ハンクス)は、ハドソン川に不時着することを決意する。はたして、乗客乗員155名全員の生存が確認され、"ハドソン川の奇跡"と称されることに。しかし、その判断がより乗客を危険な立場に追い込んだのではないかと事故調査委員会から追求されてしまう・・・。

2009年に実際に起きた旅客機のハドソン川不時着のエピソードを、クリント・イーストウッド監督により映画化。

このエピソードは当時も大々的にニュースでも報じられたこともあり、知っている方も多いのではないでしょうか?
自分も当時のニュースも記憶していたので、そうなると当然問題となってくるのは、実話ベースの映画という限界ですね。

実話ベースのもの、それもメジャーなニュースにもなっているエピソードとなるといかんせん周知の事実となってしまっているので、展開や結末を知っていることになります。本作で言えば、全員助かるということを知ってしまっているわけです。

にも関わらず!

結果を知っているのに、エンジンが止まり、不時着するまでの208秒の緊迫感といったらないんです。
そして、その後の救出劇、さらには事故調査委員会の追及とそれに弁明する機長を始めとするクルーたちの関係性、そういったものを丁寧に描いているのです。

冒頭、旅客機がマンハッタンの街中に墜落するという衝撃的なシーンから始まります。
これは、サリーことチェズレイ・サレンバーガー機長の想像だったのですが、もしエンジンストップ後の対処が間違っていたら、現実のものとなっていたのかもしれないのです。

このハドソン川の奇跡と称されたエピソードは、映画にも描かれていますが管制塔のスタッフは通信が途切れたことで墜落したものと思い込んでいましたし、ハドソン川に不時着した飛行機を目撃した人も、否が応でもあの911の同時多発テロを思い起こしていたはずです。映画でも見ている人にそれを想起させるような演出になっています。

ただ、なんといっても映画一番の魅力となるシーンは、実際の不時着までのシーンでしょう。不時着するまでの208秒の間、サリー機長は決して慌てることなく落ち着いて可能な対処方法を実行に移します。
エンジンの再起動が困難だと見るや、補助動力装置(APU)を起動し、操縦を代わると、副機長のジェフ・スカイルズには、緊急時の対策マニュアルを確認させます。ただこのマニュアルは本来高度2万フィート以上のところでのトラブルへの対処を想定されていたため、非常に長く、この極めて短い時間での対処が困難だったようです。
さらには、川に着水するといっても、下が水だから安全というわけではなく少しでもバランスを崩すと飛行機の機体は損壊してしまいます。
そんな中、バランスを崩すことなく無事に着水を成功させたのはサリー機長の冷静な判断と熟練の技術の賜物だったのでしょう。

しかし、着水に成功したから確実に助かるというわけではありません。
機内に浸水してしまえばやがて川の底に沈んでしまいますし、真冬のニューヨークで気温も氷点下という状況では、もし助かったとしても凍死の可能性もあります。

これには、機長だけじゃなく、十分な情報は伝えられていなくとも冷静に乗客の避難誘導や救命胴衣や毛布の配布をした客室乗務員、音信が途絶えた管制塔からの指示で目視による確認を続けたヘリコプター、着水した飛行機にいちはやく救助に駆けつけた水上タクシーや観覧船(これは船員だけでなく乗客も救助の手伝いをしたそうです)、本格的な救助活動をおこなった消防局や沿岸警備隊など、多くの人たちの迅速な救助活動が功を奏して、全員無事という偉業を成し遂げたのです。
当然、彼らの脳裏にはあの911同時多発テロの記憶がよぎっていたでしょう。そして、その悲劇を決して繰り返すまいという意識があったからこそ、この奇跡が生まれたのでしょう。

とまあ、いわゆる美談で終わらないのが本作のスゴイところです。
この緊急着水は回避可能だったのではないか、空港に帰還することができたのではないか、乗客をいたずらに命の危機に晒したのではないか、という疑惑が出てきます。

ところで、本作の原題は"Sully"となっていて、この事故全体というよりは、サリー機長という人物に焦点を当てられているということが分かります。
無事に着水した直後、乗客を外に避難させてからも入念に機内を探します。そして無事に救助された後も、乗客全ての生存が確認できたのかをずっと気に病んでいるのです。
隣でさっさとお風呂に入って着替えを済ませた副機長と、また実に対照的です(副機長も別に悪い人じゃない、むしろ良い人なんですけどね)。

彼自身、あの場面において最善だと思われる選択をした結果だとは思っていたのでしょうが、事故調査委員会によって疑惑をかけられると、その通りに空港に帰還することが可能だったのか、自分は多くの人の命を犠牲にしてしまうところだったのかと思い悩むようになります。
眠れずにニューヨークの街を徘徊したりもするのですが、見かけた人は彼を英雄と呼び、奇跡を称えるのです。この状況への葛藤がまさに本作が焦点を当てているところとなります。

結果は、事実の通り、緊急時のチェックリストを確認してからの空港への期間はシミュレーションで不可能だということが証明されるのですが、その結果に喜ぶというよりは、そういった疑惑を挟まれるということについて、より良い判断があったのかもとまだ思念している印象でした。

本作のタイトルのようにこの一連の出来事は、ハドソン川の奇跡と称されるようになるのですが、サリー機長は、"奇跡"と捉えられることに違和感を感じているようですね。
彼はプロフェッショナルとしてその状況におけるベストな選択をしたにすぎないということなのでしょう。

映画では、サリー機長をはじめそれぞれの登場人物をしっかりと描ききり、この奇跡を決して仰々しくない落ち着いた演出で作り出しているのです。それでいて96分という短い時間にまとめ上げたのは、まさにクリント・イーストウッド監督の手腕ならではでしょう。

このニュースを知っていた人も知らない人も十分に楽しめる作品になっていると思います。

余談ですが、自分は先日ニューヨークに行っていたのですが、そこで現地のガイドさんに聞いた話で、ニューヨークの当時の市長がこの事件をきっかけとしてバードストライクのカナダガン駆除に本腰を入れたそうです。それがもう完全に絶滅させる勢いで、動物愛護団体から訴えられたのだとか。さすがは、ニューヨーク、やることのスケールがスゴイですね・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぷーとにく0107

Author:すぷーとにく0107
FC2ブログへようこそ!
中の人は、北海道は札幌市在住です。
映画館で年間200本は映画を観ます。
当ブログでは、映画のレビューをしつつ、勉強している心理学ネタでも書いていけたらいいなと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。